原田車両設計株式会社

HVDを知る

GRADUATE RECRUITING
INFORMATION

新卒採用

募集要項 APPLICATION REQUIREMENTS

職種
 
[総合職]
1 開発、設計職
2 営業職
仕事内容
 
1 3D-CADを使い、材料や成形、強度といった様々な要件を満たし、課題をクリアしながら3Dをプロデュースする仕事です。
2 エンジニアが設計したモデルを、実際の形にし品質も保ちながらモノづくりをトータルプロデュースする仕事です。
応募資格
 
学部不問
資料請求
 
当社についての資料をご希望の方は会社案内をお送り致します。
2017年卒の採用は終了しました。
交通機関
 
地下鉄鶴舞線赤池駅より名鉄バス(豊田市行き新屋経由)にて
停留所:陣取住宅より徒歩1分
名鉄豊田線黒笹駅または三好ヶ丘駅より町営バス「さつきちゃん」または「くろまつくん」にて
停留所:陣取住宅より徒歩で1分
【地図で確認】
担当
 
採用担当:友安
住所
 
〒470-0224 愛知県みよし町三好町中島24
TEL?0561-34-6638 FAX?0561-34-6545
E-MAIL?recruit@hvd.co.jp

待遇 TREATMENT

給与
 
[総合職]
短大・高専・専門卒:基本給180,000円+諸手当
大卒:基本給194,000円+諸手当
大学院卒:基本給201,000円+諸手当
諸手当
 
時間外勤務、家族手当、住宅手当、通勤手当(会社規程有り)
昇給
 
年1回(6月)
賞与
 
年2回(7月・12月) 2015年度実績:4.5ヶ月
勤務時間
 
8:30~17:30(勤務地により多少異なります)
フレックスタイム制度あり ※1日の標準労働時間/8時間
勤務地
 
1 開発設計職
  本社もしくは弊社取引先(豊田市、刈谷市)
2 営業職
  本社
休日休暇
 
週休2日制(土曜・日曜)、ゴールデンウィーク、夏季、年末年始、年間休日120日、
有休休暇、慶弔、産前産後休暇、介護休暇
保険
 
健康・厚生年金・雇用・労災
福利厚生
 
制度/退職金、財形貯蓄、慶弔見舞い
採用実績校
 
愛知大学/愛知学院大学/愛知県立大学//愛知工業大学/愛知淑徳大学/愛媛大学/大阪産業大学/大阪府立大学/岡山県立大学/秋田大学/滋賀大学/北陸先端科学技術大学院/中京大学/金沢工業大学/北九州市立大学/京都産業大学/近畿大学/熊本大学/高知大学/甲南大学/静岡大学/椙山女学園大学/千葉工業大学/中部大学/東海大学/福山大学/長岡技術科学大学/長崎県立大学/名古屋学院大学/名古屋芸術大学/南山大学/日本福祉大学/室蘭工業大学院/名城大学/星城大学/職業能力開発総合大学校/豊田高専/岐阜大学/金城学院大学/東海学園大学/トライデントコンピュータ専門学校/大同大学/獨協大学

HVDの先輩
INTRODUCTION OF EMPLOYEES
糟谷 未来  
糟谷未来 2014年入社 技術部1グループ

ドアロック製品設計

周囲の部品の「動き」まで想像し、トータルな視点で設計。
私が携わっているのは、3DCADを使ったドアロックの設計です。学生時代はCADを使ったことがなかったので一からの挑戦になりますが、CADを使うこと自体にはそれほど大変さは感じていません。それよりも難しいのは、製品に関する幅広い知識を身につけることです。ドアロック機構の形状を考える際は、周囲の部品との兼ね合いを把握した上で設計する必要があります。たとえば歯車が3度回った時、それに関係する部品がどのように動き、結果としてどうやってロックが解除されるのか。広い視点で考えるのは決して簡単ではなく、時間もかかります。そんな中でも想定したスケジュール通りに仕事をやり遂げることができた時が、うれしさを感じる瞬間です。分からないことを何でも質問できる上司や先輩の存在、職場の雰囲気のあたたかさは、当社の大きな魅力だと思います。私が最近始めたのが、他の部署の先輩方への個別のヒアリングです。業務の内容を教えていただく中で、当社が取り組んでいる業務の幅広さや先輩方の考え方を学ぶことができました。この会社の中で自分がどんな挑戦をしていけるのか、これからさらに深く考えていきたいと思います。
糟谷 未来
宮原綱大 2014年入社 技術部1グループ

ソフトウェア開発

クルマの安全に直結するシステムを開発しています。
  宮原 綱大
宮原 綱大
一台のクルマには100以上の電子部品が搭載されており、これらが安全性や快適さの実現に大きな役割を果たしています。その中で私が開発に携わっているのは、ブレーキを制御するためのシステムです。追突の可能性がある場面で運転者よりも早くブレーキを作動させるPCS(プリクラッシュセーフティ)など、ITS(高度道路交通システム)とよばれる分野のシステム開発を担当しています。こうしたシステム開発の技術は、当社が今さらに力を入れようとしている分野です。私自身もできるだけ早く一人前の技術者になり、クルマの進化に貢献したいと考えています。最近は制御技術を勉強するために、ラジコンなどの車体にセンサーを積んだ試作品づくりもスタートさせました。こうした試みを「やらせてください」と上司に提案した時、「勉強になるからやってみろ」と前向きにサポートしてくれるのが、当社の素晴らしさです。社員のやる気を評価し、あたたかく見守ってくれる社風に魅力を感じています。
本間 典是  
本間典是 2013年入社 製造部 営業チーム

試作・量産向け営業~納品

特定のモノではなく「作り方」を売る仕事です。
当社の営業は、一般的な営業のイメージとはかなり違います。売っているものは、特定の「モノ」ではなく、「作り方」。決まった製品を販売しているのではなく、お客様からご相談いただいた時に、「こういう作り方があります」とご提案するのが私たちの仕事です。社内の3Dプリンターを使ったり協力会社様に依頼したりして、自動車の内装・外装部品や医療、航空、雑貨など、幅広い製品の試作品を作って納品までの業務を手がけます。作るものはそのつど異なるので、毎回が新しいチャレンジの連続。「どうやって作ればいいんだろう?」と壁にぶつかった時は最適な技術を持った協力会社様に相談し、アドバイスをもらいながら課題をクリアしています。その繰り返しによって蓄積されるのが、当社ならではのノウハウです。お客様から「他の会社に断られたけど何とか作れませんか?」と依頼をいただくことが多いのですが、その時に「できません」と言わないのが私たちのモットーです。これからも営業マンとして、お客様の困り事に応え続けていきたいと思います。
本間 典是
北村浩二 2007年入社 技術部1グループ

福祉医療機器設計

サンルーフの「開き方」など、
モノの動きや仕組みを考えています。
  北村 浩二
北村 浩二
前職で自動車の営業をしていた私がこの仕事を志した理由は、「売る側」ではなく「作る側」として、大好きなクルマに関わりたかったからです。希望していた機構部品(動く部分の部品)を担当させてもらえたのは、とても幸運だったと思います。数年間にわたってサンルーフの開発を担当した後、介護用のロボットや車椅子、トヨタ自動車の小型電気自動車「i-ROAD」など、幅広い製品の開発に携わってきました。簡単に説明すると、私の仕事は「モノの動きや仕組みを作る仕事」です。動き方を一から考える時は、何よりもまずアイデアが大切。時には机の上にあるペンなどを部品に見立てて、それを手元で動かしながらアイデアを練ることもあります。一回一回新しい技術にチャレンジすることは簡単ではありませんが、勉強を重ねていけばきちんと成果を出すことができます。これまでの私の成長に大きな役割を果たしてくれたのが、社内の教育やサポートです。特に新人時代の「若手勉強会」という勉強会が印象に残っていて、有志の先輩社員が業務時間後に指導してくださいました。やる気を持っている人なら、着実にスキルを伸ばせる環境がある会社です。これから入社される方にもぜひ、成長する喜びを味わってほしいと思います。

HOME採用情報新卒採用

PAGE
TOP