原田車両設計株式会社

品質管理

三次元測定器を使って検査を実施。
充実した品質管理体制を構築しています。

HVDの品質管理

当社はお客様の依頼を受けて試作品(製品を量産する前に、性能や品質を確認するためのもの)を製造する際、自社で責任を持って品質の検査を行っています。その役割を担っているのが、製造部内に設けられた品質管理の専門チームです。図面に示された寸法や形状、材質などを検査するほか、塗装の美しさやキズの有無、見栄えなど総合的な視点で、お客様に求められる品質がクリアされていることを確認します。社内での検査業務に加え、実製作に取り組む前のお客様との打ち合わせや協力工場での品質指導など、幅広いプロセスに携わる仕事です。

三次元測定器を使った検査

三次元測定器を使用して正確な検査を行っていることが、当社の品質管理の大きな特長です。当社が手がけるものづくりは、自動車部品や航空、福祉・医療、雑貨など幅広く、求められる品質や仕様は一点一点すべて異なります。これらすべての検査に対応できるノウハウの多様さが、品質管理に関する当社の強みです。検査結果を示した検査表をお客様に提出するなど、きめの細かい対応によって高い信頼を得ています。

今後の品質管理の重要性

当社は今、試作品の製造にとどまらず製品の量産にも力を注いでいます。量産化を進めていく中でより大きな役割を担うのが、お客様の安心をサポートする品質管理のノウハウです。私たちがめざすのは、設計、試作、量産を自社で行う、総合的なものづくりへのアプローチ。こうした目標に向けて、今後も品質管理体制の充実化と人材育成に取り組んでいきます。

FARO EDGE

FARO Edgeは、FaroArm製品のフラッグシップモデルです。今までで最も高性能なポータブル測定アームとして、Edgeはあらゆるカテゴリの中で競合モデルに勝っています。製造現場でEdgeの右に出る製品はありません。業界をリードするEdgeは、据置型3次元測定機やその他のポータブル測定アームやスキャナーによる限界に悩む企業にとって、理想的なツールとなります。

HOME事業内容PROJECT:04品質管理

PAGE
TOP